auひかりを申し込むなら今!この2月を逃すとリスクが発生

auひかりでは2018年3月に「超ひかり」というものが新しく始まります。10ギガのX(テン)5ギガのV(ファイブ)なんですが、このニュースを見た人もいるのではないでしょうか。3月から新しくサービスが始まりますが、それを待たずに今すぐauひかりを申し込むメリットを紹介していきたいと思います。

新しいサービスが始まるのに今申し込むべきなのはなぜ?

世界最速、超ひかりというくらいですから早さに特徴があるサービスなんですが、早さというメリットだけでなく実はデメリットもあるんです。そのデメリットを把握したうえで申込みをする必要があります。ちなみに、このサービスは戸建てタイプに限られていて、マンションタイプの人には該当しないサービスになります。

10ギガのX(テン)と5ギガのV(ファイブ)とは?

auひかりの最大速度は1ギガです。この速度は光回線として平均的なものですが最高とはいえません。このauひかりより早いのは、NURO光の10ギガになり圧倒的でした。今回の超ひかりが始まることでauひかりも10ギガになりますが、1点NURO光と大きな違いがあり、上りも10ギガということです。

NURO光の上りの早さは、最大2.5ギガなのでauひかりが最速ということになります。

料金体系は?

サービスの料金体系は、XとVはauひかりのプランに追加料金を支払うことで利用することができます。Xなら1280円になりVなら500円の追加になります。そして、この追加料金が今だけ割引対象になり、新規契約で500円の割引がついてきます。ただし、この割引は、「ずっとギガ得プラン(3年)」に限ります。ギガ得プラン(2年)や標準プラン(契約期間なし)ですと割引の適用にはなりませんので注意が必要です。もちろん、既にauひかりを利用している人も追加料金を払うことでXやVにすることは可能です。

工事費の分割数が2倍になる

工事費にかかる総額は変わりませんが、分割の回数が3月から変わります。工事費が37,500円かかりますが、これを30回払いとしていました。3月以降に申し込んだ人は、60回払いになります。総額は変わらなく回数だけ増えるだけなので、37,500円を支払うことに変わりはありませんし、1回に払う支払いが安くなるので楽になるかと思います。

工事費無料キャンペーンは…

工事費の1回の支払いが安くなるのに何がデメリットになるのか。それは工事費無料キャンペーンとの兼ね合いになります。そもそもauひかりの工事費無料キャンペーンとは、毎月かかる分割費用を割引してくれるという仕組みになります。回数分の月日が経てば工事費を全額支払ったことになるので、実質無料ということになるのです。ここに注意が必要となります。

工事費を分割している回数分を使い続ける必要があり、途中で解約してしまうと残りの工事費を請求されてしまうのです。60ヵ月の間、使い続ければいいかと思うかと思いますが、そもそもauひかりのホームでずっとギガ得プラン3年プランなんです。3年という長さは、月になおすと36ヵ月になります。60ヵ月を満たすためには、3年契約を更新して6年(72ヵ月)使い続ける必要があるんです。

auひかりを使い続けて3年経ったときに解約すれば、違約金は0円です。ですが、工事費の残債が24ヵ月分発生してしまいます。工事費が払い終わる60ヵ月に照準を合わせると工事費は0円ですが、今度は更新した3年契約に足りませんので違約金が発生してしまいます。そういった事情から違約金と工事費が発生しないためには72ヵ月後に解約をすることになります。

これが30回払いの契約でしたら、3年契約が終わる36ヵ月後に解約しても違約金も工事費の残債なしなので問題ありません。

撤去工事費がかかる…

この撤去工事費が意外なデメリットになります。これまでは設備をそのまま残すことができ任意で撤去できたので撤去工事費用が必須ではなかったのですが、これが2018年3月から撤去が必須となります。この撤去にかかる費用は、無料になるキャンペーンがありませんのでデメリットということになります。

2月中に申し込むメリット

この撤去費用が発生する条件というのがあるのですが、それは、

  • auひかり ホームの新規お申し込みを改定日以降に受付したお客さま
  • 2018年3月1日提供開始のauひかり ホーム 10ギガ、5ギガへの変更お申し込みを受付したお客さま

の2つになります。

3月以降にホームで申し込むと撤去する際の費用が発生します。もちろん、もうひとつの条件にもある、10ギガ・5ギガに3月以降に変更したとしても発生してしまいます。

では、2月中に申し込むと何がメリットになるのかといいますと、1ギガのままなら撤去工事費の28,800円が発生せずにすむということです。ですので、3月までに申し込んで超ひかりがスタートしてもプランを切り替えることをしなければいいのです。10ギガや5ギガの速さはかなりありますが、よほどのことがない限り1ギガでも十分満足できるかと思います。

まとめ

3月以降に契約で発生するデメリットとしては3点が存在します。

  • 工事費が60回払いになりプラン契約の36か月よりも長い
  • 解約する時期によっては工事費と違約金の両方が発生する可能性
  • 撤去工事費の28,800円が発生

ということで、今すぐにauひかりに申し込めばなんのデメリットもなくインターネットを始めることができます。3月以降に契約をしてインターネットを始める場合には3つのデメリットが発生しますのでこれらの点を認識しておくようにしましょう。

ネット回線を乗り換えるなら!

ネット回線でこんなお悩みがありませんか?
・いろいろなネット回線がありすぎてどこがいいか分からない。
・支払いがわかれていて面倒。
・ネット機器の扱いがよく分からない。
・ネットのスピードが遅い。

auひかりに乗り換えるチャンス!

お得な料金プランはもちろん、期間限定キャンペーンなど魅力満載!

詳しくコチラ >