光回線の今だからわかる本当のメリット

今更ながら、光回線のメリットとは?おすすめされる本当の理由とは何か?を、暴いていきたいと思います。なぜ今頃このような基本的な内容を記事にするかというとそれは今だからこそ大きなメリットがあるからです。

光回線がオススメされる理由とは

近年でも、ケーブルテレビやポケットWiFiを利用して自宅でネットをする方は多くいます。しかし多くは光回線を利用している世帯が圧倒的多い状況です。もちろん生活スタイルによっては、スマホだけあればネット通信は充分という方もいると思います。そこで、光回線がオススメされる一般的な理由としては、ネットが使い放題・加入している携帯キャリアとのセット割引があるなどが挙げられます。

今だからわかるメリット

先ほど挙げたオススメ理由は、あくまでサービス事業者目線ということもあると思います。ここで本当のメリットを述べる前に、光回線を選ぶ際、何をポイントとしているかを見てゆきましょう。

  • 第1位は、月額利用料金を安くしたい(56%)
  • 第2位は、速度や安定性といった通信品質(16%)
  • 第3位は、キャンペーン内容の充実(13%)

※これらは、公式情報を参考としています。

1位は、やはりメリットで挙げられているとおり、料金を安くというところがあります。テレビCMなどでも見られるとおり、auひかりでいうと、キャリアが提供している光回線と携帯電話のセット割引はとても魅力的です。auひかりであればauスマートバリューがありますので、利用次第で月々最大2,000円の割引になります。

ついで、2位の通信品質。こちらも、多くの方が選ぶ理由として挙げています。やはり、安いとはいえ、ポケットWiFiではスピードが劣りますし、安定性もやや不安があると思います。光回線は最大で1Gあり、高速であることは最大のメリットで、高速回線のスピードによって快適なネット環境を維持できます。

そして、3位はキャンペーンの充実です。キャンペーンの充実とは簡単にいうとキャッシュバックや還元キャンペーンです。長期利用や、乗り換え時の解約違約金負担、期間限定の1万円を超えるプロバイダキャッシュバックなど、時期により行なっているお得なキャンペーンが多数あります。auひかりでは、工事費用実質無料のキャンペーンや、乗り換え時に発生する解約違約金相当額の負担など、auひかりに加入しやすい環境を揃えたキャンペーンを行なっています。

また、この冬限定の最大12ヶ月間1,000円割引のauひかりスタートサポートプラスや、ホームプランを限定としたウィンターボーナスキャンペーンなども行なっています。auひかりのキャンペーンは、加入条件はありますが併用できるキャンペーンもあるため、今では驚くほど加入のハードルが下がっています。

さて次ではいよいよ本当のメリットのご紹介です。

光回線の本当のメリット

今だからわかる本当のメリット、それはこれから普及するWEB(ネット)サービスとの連携にあります。現在注目されているところではIoT機器との連携です。IoT機器は、光回線との相性もよく、常時接続を可能とする固定の光回線を想定したサービスが多数あります。

生活を豊かにするWEBサービス

IoT機器といってもどんななものかピンと来ないかもしれませんが、auひかりでは「au HOME」というサービスを開始しています。これは、ご自宅の家電などに専用機器を接続することで操作が可能になるといったものです。例えば、留守中のペットの様子をカメラ撮影し、スマホから確認したり、センサーを設置することで子供の帰宅を外出先で感知できたり便利な機能があります。

そして、最近では「Google HOME」の登場により、このau MOMEのハブ的な役割もこなすようになりました。Google HOMEに話しかけ、au HOME各機器との連携が行える近未来のようなライフスタイルがすでに身近になりました。今や固定回線は欠かせない存在となり、中でも通信品質に信頼が持てる光回線は切っては切れない存在です。

まとめ

今だからこそわかる光回線の本当のメリットは、これからどんどん便利になっていくネットサービス、IoT機器との連携にあると言えます。もちろんネット回線は、利用する環境によって必要なものは変わってきますが、これからのライフスタイルの中で回線設備が一番重要な存在になることは変わらないと言えましょう。

ネット回線を乗り換えるなら!

ネット回線でこんなお悩みがありませんか?
・いろいろなネット回線がありすぎてどこがいいか分からない。
・支払いがわかれていて面倒。
・ネット機器の扱いがよく分からない。
・ネットのスピードが遅い。

auひかりに乗り換えるチャンス!

お得な料金プランはもちろん、期間限定キャンペーンなど魅力満載!

詳しくコチラ >