auスマホユーザーはBIGLOBE光を選ぶべき?!

今回は、BIGLOBE光についてご紹介します。そもそもBIGLOBEが光回線サービスを提供しているのをご存知でしょうか?

【フレッツ光とBIGLOBE光の違いは何?】

プロバイダとしては有名でも、光回線のサービスとしては聞き覚えがないのかもしれません。このサービスは、フレッツ光の設備を使ったコラボレーションとして、ビックローブが独自のサービスとして「BIGLOBE光」を提供しています。この光コラボですが、ビックローブだけでなく、ocnやso-netといった事業者も行っています。ocnが提供する光回線は、ocn光になり、so-netが提供する光回線は、so-net光になるわけです。使っている設備がフレッツ光なので、速度性能や品質は、フレッツ光と同等になります。

なぜ、このBIGLOBE光を紹介しているのかと言いますと、auユーザーの方がauひかりを導入しようとしたときに、auひかりがエリア外だったということがあります。そこで、導入を検討していただきたいのがBIGLOBE光なんです。速度や品質は先ほど述べたようにフレッツ光と同等ですので、何がお得かといいますと、月額料金の安さになります。

【気になる月額料金はいくら?】

auスマホユーザーのビックローブ光の月額料金には、プロバイダ料金が組み込んであり、フレッツ光+プロバイダBIGLOBEを契約するよりも断然安く利用することができます。断然安く利用できる根拠としては、BIGLOBEが用意しているauセット割になります。これは何かと言いますと、auスマホ/タブレット/ケータイをご利用であれば(ご家族でも)ビッグローブ光の月額料金が最大1,200円/月割引になります。

・戸建てにお住いの方
月額料金:4,980円 → auセット割適用後:3,780円
・集合住宅にお住いの方
月額料金:3,980円 → auセット割適用後:2,780円

この割引ですが、auスマホなどの契約プランによって割引額が異なります。

1,200円割引になるプラン

  • ◆auスマホ
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)
  • LTEフラット/LTEフラット(V)
  • LTEフラット(キャンペーン)
  • ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
  • プランF(IS)、プランF(IS)シンプル
  • ◆auタブレット
  • LTEフラット for Tab/Tab(L)
  • LTEフラット for Tab(i)
  • LTEフラット for DATA(m)
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
  • ◆auケータイ
  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)
    +データ定額 5G(VK)/8G(VK)/10G(VK)/13G(VK)

500円割引になるプラン

  • ◆auスマホ
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
  • シニアプラン/シニアプラン(V)
  • LTEフラットcp(1GB)
  • ◆auケータイ
  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 2G(VK)/3G(VK)
  • カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)

契約しているプランがどれに該当するのか確認しておきましょう!
ここで、フレッツ光とBIGLOBE光との月額料金を比較してみましょう。

◆戸建てタイプ
フレッツ光月額利用料(プラン2の場合):4,600円
プロバイダ利用料(ocnの場合):500円〜
合計約5,100円〜
・NTT西日本
フレッツ光月額利用料(プラン2の場合):3,810円
プロバイダ利用料(ocnの場合):1,100円〜
合計約4,910円〜
◆集合住宅タイプ
・NTT東日本
フレッツ光(プラン2の場合):月額利用料2,950円
プロバイダ利用料(ocnの場合):500円〜
合計約3,450円〜
・NTT西日本
フレッツ光(プラン2の場合):月額利用料2,530円
プロバイダ利用料(ocnの場合):810円〜
合計約3,340円〜
◆戸建てタイプ
・BIGLOBE光
月額料金:4,980円 → auセット割適用後:3,780円
◆集合住宅タイプ
・BIGLOBE光
月額料金:3,980円 → auセット割適用後:2,780円

フレッツ光の月額料金と比べてBIGLOBE光の月額料金は戸建ての場合約1,300円になり、集合住宅の場合約670円程度安くなります。
お得ですよね?次に気になるところとしては、どうやったらBIGLOBE光に乗り換えればいいのか?ってところですね。

【乗り換え方法は?】

フレッツ光からBIGLOBE光に乗り換える場合、解約にはなりません。転用になります。そもそも転用とは何かになりますが、フレッツ光を使っている人が持っているお客様IDや固定電話番号はそのままで、光コラボのサービスに乗り換えることができます。

転用の手続きをとることでフレッツ光からの解約金はほとんどかかりません。ですが、かかる場合もあります。それは、プロバイダの解約金になります。

例:ocn:5,000円、@nifty:3,000円、ODN:3,000円等…

こういった解約金がかかる場合もありますので、どのプロバイダを使ってどのくらいかかるのかを確認しておきましょう。

また、初期費用には、工事費と申し込み手数料があります。この工事費ですが、フレッツ光からの転用の場合は、申し込み手数料のみになります。工事費はかかりません。この申し込み手数料は、戸建てタイプ・集合住宅タイプどちらも3,000円になります。ちなみに、新規でBIGLOBE光を導入する場合には、工事費がかかります。

  • 戸建てタイプ:30,000円
  • 集合住宅タイプ:27,000円

転用の手順としては、とても簡単です。まず、転用するには、NTT東日本・NTT西日本から「転用承諾番号」を受け取る必要があります。この番号を持ってBIGLOBE光に申し込みをします。光回線の開通工事を経てインターネット接続設定をして手続きが完了となります。

【まとめ】

BIGLOBE光は、フレッツ光と同じ速度や品質にもかかわらず、auユーザーですとさらに月額料金が安くなります。月額料金が下がるのは、乗り換えする上でメリットがとても大きいですよね。さらにお得になるポイントがあります。それは、BIGLOBE光にするとwebサイト限定ではありますが、10,000円のキャッシュバックがついてきます。もし、プロバイダで解約金が発生したとしても、このキャッシュバックを使うことで相殺できますね。
最後にメリットをまとめますと、

  • フレッツ光から解約ではなく転用できる
  • 料金が安くなる
  • auセット割
  • キャッシュバック

の4点になります。

auやソフトバンクといった回線と比べるとどうしても知名度が劣りますので、なかなか知られてはいませんけど、BIGLOBE光のサービスも負けていないと思います。auユーザーにとって検討する余地は十分だと思いますので、ぜひ検討してみてください。

もっと詳しい情報はこちら↓

http://ビッグローブ.net/lp/

ネット回線を乗り換えるなら!

ネット回線でこんなお悩みがありませんか?
・いろいろなネット回線がありすぎてどこがいいか分からない。
・支払いがわかれていて面倒。
・ネット機器の扱いがよく分からない。
・ネットのスピードが遅い。

auひかりに乗り換えるチャンス!

お得な料金プランはもちろん、期間限定キャンペーンなど魅力満載!

詳しくコチラ >