auひかりの電話サービスは「auまとめトーク」で一気にお得⁉︎

「auまとめトーク」というサービスをご存知でしょうか?おそらくauユーザーであっても「サービス名は聞いたことあるけど内容は…」といった人が多いと思います。

【auまとめトークってどんなサービス?】

何年か前に、仲間由紀恵さんが童話「赤ずきん」を子供に「内容をまとめて」読んで聞かせるというCMがあったので、その印象がある方もいると思います。しかし、au携帯電話・auひかりで利用できるサービスの中では、認知度は圧倒的に低いのではないでしょうか?

そんな「auまとめトーク」というサービスを一言で説明すると、「au携帯電話とauひかり電話をセットで利用すると、国内通話が24時間無料になるサービス」です。ただ全ての通話が無料になるかと言うと、決してそうではありません。今回はそんな少しだけ複雑な「auまとめトーク」について紹介していきたいと思います。

【auまとめトークの具体的なサービス内容は?】

まず、先ほども紹介した通り「auまとめトークは通話料が無料」となるサービスです。そしてこれも先ほど紹介した通り全ての通話料が無料となるわけではありません。ということで無料となる通話の種類を、整理して紹介したいと思います。具体的に通話料が無料となる通話の種類は以下の3つがあります。

  • ①自宅のauひかり電話から、全てのau携帯電話への国内通話が無料
  • ②自宅のauひかり電話から、他のauひかり電話への国内通話が無料
  • ③自分のau携帯電話から、自宅のauひかり電話への国内通話が無料

逆に有料となる通話の種類をまとめると、まず「国外への通話」次に「自宅のauひかり電話からは、他社回線の通話」最後に「携帯からは自宅以外の通話」ということになりますね。「ひかり電話からはau系の回線と、携帯からは自宅のひかり電話と」そう考えると分かりやすいかも知れませんね。

【手続き不要だからラクチン!条件さえ満たせば申込みの必要なし!】

無料通話サービス「auまとめトーク」ですが、そのお手軽さを象徴する最大の特長は「申し込みが不要」という点です。auひかりを始め、多くのインターネット回線には、ユーザーメリットの高いサービスが数多く用意されています。

しかし共通して言えることは、「申し込んだ人だけが、そのサービスの恩恵を受けられる」という点です。これは言い換えれば、「条件を満たしていても、そのサービスを知らなければ意味がない」「サービスを知っていても、サービスの申し込みを行う方法や、時間がなければ意味がない」と言うことになります。

どんなに良いサービスがあっても、申し込みを行わなければ何にもなりませんよね?「auまとめトーク」はその点をクリアした「非常に利便性の高いサービス」だと言える思います。それでは「条件を満たせば」自動的に適用となるauまとめトークの「条件」とは一体何でしょう?

【auまとめトークの適用条件】

①au携帯電話・auひかり電話の利用
auまとめトークの適用条件の大前提ですが、その名前の通りau携帯電話とauひかり電話を両方(まとめて)利用していることです。サービス内容からも分かるように、auの電話間でのディスカウントサービスとなりますので、適用条件の1つ目として「au携帯電話・auひかり電話に加入」が絶対条件となります。
この条件に疑問を持たれる方はあまり多くないと思いますが念のために話をすると、auの携帯電話を使っているいわゆる「auユーザー」は自宅の電話を使わない方でも「auひかり電話への加入が圧倒的におトク」です。
理由は「auスマーバリュー」や「auスタートサポート」といった大幅な割引サービスの利用に「auひかり電話への加入が必要」だからです。これらのサービスの詳細はまた別の機会にしたいと思いますが、1人暮らしの方であれば2年間で最大80,000円程度、ご家族でauの携帯電話をお使いであれば更に大幅な割引を受けることができます。
②KDDIまとめて請求の申し込み
別のオプションサービスへの加入が必要なの?と不安になった方もいるかも知れません。そんな人のためにKDDIまとめて請求について紹介したいと思います。その内容はいたってシンプルで「au携帯電話の請求書とauひかり(インターネット・電話サービス)の請求書がひとつになる」というだけのサービスです。もちろん申込手数料や月額利用料といった費用が発生することも一切ありません。そのため申し込みを行えば、支払い請求書の枚数が1枚減るという、あまりにも単純明快なサービスとなります。

上記2点が、auまとめトークの適用条件になります。おそらく同じ印象を持ったと思います。基本的には条件というほどのものではないと思います。注意点をあげるとすれば、KDDIまとめて請求に「申し込む必要がある」という点でしょうか。

auまとめトークは申し込み不要なのに、KDDIまとめて請求には申し込みが必要なのかと思う方もいると思いますが、こればかりは仕方ないと思います。KDDIまとめて請求への申し込みでKDDIが何を確認しているかと言うと、「au携帯電話の利用者とauひかり(インターネット・電話サービス)の利用者が同一人物、もしくは同一世帯(家族)であるか」という点です。要は「au携帯電話とauひかりの利用者を紐付けたい」ということです。この確認がとれた回線に対して、auまとめトークの通話料無料サービスが適用されるというメカニズムなのです。

【まとめ】

今回は通話料無料サービスである「auまとめトーク」について紹介しました。説明を聞いてもこのサービスの魅力がいまいち分からないという人も居るかもしれませんが、このサービスを実際に使って私が感じる最大の利点は「携帯電話の通話プランを見直せる」という点です。

どういうことかというと、例えばauの携帯電話の通話プランにはカケホ・スーパーカケホ・VKプランなどがあります。想像して欲しいのですが、現在自分が契約しているプランで、もし自宅への電話や別のau携帯利用者への通話が無料になったらどうでしょう?携帯電話の通話プランをひとつ下げることができるのではないでしょうか?

仮に現在「カケホ」のプランを使用していて、これを「スーパーカケホ」にできたら、通信費が月額1,000円下がることになりますよね?これが1人暮らしではなく家族ということになれば、人数分の通信費が下がるということになります。このように、ひとつのサービスが他のサービスの料金を下げるといった相乗的な効果が、au携帯電話・auひかりのサービス内には数多く存在していると思います。

わかりやすい所では、やはり「auひかり電話サービスとauスマートバリュー」の関係性があげられますよね。こういったひとつひとつのサービスを理解していくことは、必ずもっとおトクにインターネットを楽しむことにつながると思います。光回線をもっと便利に、もっと楽しく利用していただくために、今後もさまざまなサービスを紹介していきたいと思います。

完全な蛇足ですが、冒頭に書きました仲間由紀恵さんのCMは、童話「赤ずきん」を「森にでかけた赤ずきんちゃんは、狼のお腹から帰ってきました」という、文字数にすると実に28文字のセンセーショナルなCMでした。YouTubeなどの動画サービスで「まとめトーク 赤ずきん」などでカンタンに検索できますので、気になった方は是非視聴してみてください。

ネット回線を乗り換えるなら!

ネット回線でこんなお悩みがありませんか?
・いろいろなネット回線がありすぎてどこがいいか分からない。
・支払いがわかれていて面倒。
・ネット機器の扱いがよく分からない。
・ネットのスピードが遅い。

auひかりに乗り換えるチャンス!

お得な料金プランはもちろん、期間限定キャンペーンなど魅力満載!

詳しくコチラ >