auひかり無線LANを最大限に利用する方法

auひかりをはじめとする光回線を契約する大きな理由のひとつは、やはり無線LAN(Wi-Fi)だと思います。無線LANを使えば、単純に通信速度が速いといういうだけでなく、データ通信を無制限で行うことができ、スマホのデータ定額プランを少額のものに抑えるからです。

そのため、料金的にもメリットが大きいと言えます。ですので、光回線を契約したら絶対に利用したい無線LANですが、正しい使い方を知らないと「思ったより電波が届かない」「速度がでない」などストレスを感じてしまうかも知れません。今回は非常に便利な無線LANを、しっかりと使いこなすための方法を紹介していきたいと思います。

無線LANはどのくらい届くのか

まず、現在無線LANルータを使っていて電波が弱いと感じている人に特に意識して欲しい内容ですが、無線LANのシグナル(電波・信号)は一体どの程度の距離届くのでしょう?家の中でさえ、電波の弱い場所があると感じるくらいですから、せいぜい数メートルだろうと感じるかも知れません。

しかし、実は障害物のない状態であれば無線LANのシグナルは数十メートル、場合によってはなんと100メートル以上も届きます。事実、最大250メートルの通信に成功したという記録も残っています。もちろんお使いになる無線LAN機器にもよりますが、家1軒を覆うのであれば十分すぎる距離だと言えると思います。

もともとこれだけの電波強度がありながら、壁やさまざまな障害物によって、どんどん電波強度が弱くなってしまうのです。実際スマホなどで、どのくらいの距離までWi-Fiを受診できるか測定してみるのも良いかもしれません。私の場合、リビングにあるルータから、外に出て15〜20mの距離までWi-Fiを受けることができます。

無線LANを置く場所が重要

無線LANルータを利用しているけれど通信速度が遅く感じるという人は「無線LANルータ」の設置場所を見直してみると良いかもしれません。無線LANのシグナルは、無線LAN機器を中心に360°全方位に飛んでいます。このことを考えると適切な設置場所が見えてくるかもしれません。まずは、無線LANの設置を避けた方が良い場所を紹介していきたいと思います。

①窓際を避ける
単純に窓際に置いた場合、前述した通り「ルータを中心にシグナルを飛ばしている」ため半分のシグナルが屋外に向かって飛んているということになります。こう考えるとなるべく家の中央に置くのが良いというのは当たり前ですね。またセキュリティの観点からも、無線LANルータを窓際に置かないほうが良いと言えるでしょう。
②部屋の角を避ける
これも①の窓際と同様の理由になります。部屋の角にシグナルの半分以上が室外に向かって飛ぶことになります。また特に木造に比べ「コンクリートの壁」は電波の通りが悪いようです。なるべく部屋の角など壁際を避けた方が、効率的に無線LANを利用することができると言えます。また近くにタンスなどの背の高い家具があるとシグナルを遮る壁となってしまい、電波が弱くなってしまいます。
③床の上を避ける
無線LANルータを床の上にで使用している人は非常に多いのではないでしょうか?実は無線LANのシグナルは、上方向に弱く、下方向・横方向に飛ぶという特徴があります。そのため、床の上に無線LANルータを置いて使用する場合、部屋全体にシグナルをとばすのは難しいと言えると思います。スカイツリーや東京タワーといった電波塔が軒並み高いのも同様の理由だと言えます。無線LANルータを設置する適切な高さは「少なくとも地上1.5〜2メートル」と言われています。
④電子機器の側を避ける
これは電子機器の放つ電波が、無線LANルータの発するシグナルと干渉し、妨害してしまうためです。特に代表的な電子機器といえばやはり「電子レンジ」でしょう。この他にも家庭で電子機器の多い場所といえば、やはりキッチンが思い浮かぶと思います。冷蔵庫やオーブン、電気ポットやケトルなど、非常に多くの電子機器が存在していると思います。このような場所に設置するのは、なるべく避けましょう。
⑤水槽のそばを避ける
これは水の反射により、無線LANルータのシグナルが弱まってしまうためです。金魚や熱帯魚を飼育している人など、屋内に水槽がある人は注意しましょう。また水槽に限らず、例えば花瓶など、水の多く入った容器のそばは同様に避けましょう。

無線LANの設置で避けるべき場所をいくつか紹介しましたが、これらを満たす場所となると非常に限られてくると思います。部屋の角・窓際は避け、なるべく高所となると、きっと天井の蛍光灯など室内照明がある位置がベストという結論になってしまうと思います。

しかし実際にはケーブルの接続などもあり、この位置に設置することは非常に難しいのではないでしょうか?そのためいかに「最善の妥協」ができるかが鍵になると思います。自分の部屋をみわたしてみて「なるべく条件に沿った場所」を考えてみると良いと思います。

無線LANの電波強度を強くする裏技

無線LANの設置を変えられなかったり、設置場所を変更してもまだ十分な通信速度が得られない場合、どのような改善方法があるでしょう。一番良い方法は間違いなく「無線LANルータを高性能のものに買い替える」ということになりますが、実際にお金がかかるとなると、新しく買ったものでも速度が速くならなかったらどうしようなどの不安が付いて回ると思います。

今回はお金をかけずに電波強度が強くなる可能性のある裏技を紹介したいと思います。

 

◯無線LANの電波強度が強くなる裏技:「アルミホイルで囲う」

かなり雑な方法に感じますが、実はかなりの効果と実績があります。方法は非常に簡単で、無線LANルータと壁との間に、アルミホイルを巻いた「つい立て」を設置するだけです。アルミホイルはもちろん市販の安価な調理用もので構いません。

無線LAN機器は360°全方位にシグナルを発信しますが「無駄となってしまう方向に飛んでいるシグナルを反射させる」というシンプルな理屈です。ポケットWi-Fiであればアルミ製のボウルにいれるだけで飛躍的に電波強度があがったという例もあります。

また無線LAN機器を囲うのと同様に、受信するノートパソコンやスマホの奥側にアルミホイルを置くことでも電波強度を少し高めることができます。まゆつばだと感じるかも知れませんが、簡単に試せる方法だと思いますので、是非一度試してみましょう。

auひかりの無線LANレンタルサービス

無線LANルータは量販店などにおいてあり、平均的な性能のものでしたら5,000円前後で購入できると思います。しかし「どの無線LANルータを選べば良いかわからない」「市販のものでは接続方法がわからない」といった方のために、auひかりでは「無線LANのレンタルサービス」を行っています。

以前の記事でも紹介しましたが、auひかりの無線LANレンタルサービスについて整理して紹介したいと思います。

 

◯auひかり無線LANレンタルサービス

初期費用:無料
月額費用:500円/月
※auスマートバリュー利用で永年無料
貸出機器:Aterm BL900HW
貸出機器詳細:http://www.aterm.jp/kddi/900hw/index.html

レンタル出来る無線LAN機器はNEC製ということもあり、安心して使えるものです。市販で標準的な性能のものが5,000円前後で購入できることもあり、月額500円が割高に感じてしまうかもしれませんが、auスマートバリューに加入していれば永年無料で利用できるため、申し込まない理由はないと言えると思います。

逆にもしauひかりを利用していて、auスマートバリューに加入していないので無線LANレンタルサービスを使えないという方は、通信費を大きく損している可能性がありますので、auスマートバリューへの加入を是非検討しましょう。auスマートバリューについては、当ブログの過去記事からも詳細を確認できます。

auスマートバリューについて

まとめ

スマートフォンやノートパソコンの普及により、一気に広がった無線LANはインターネットを楽しむ上で、もはや必須だと言える機能だと思います。煩わしいLANケーブルの接続なしに、インターネットを便利にする無線LANですが、無線LAN機器の設置の仕方などで大きく電波強度が変わってしまい、場合によっては通信速度が遅くなり、ストレスを感じてしまうかも知れません。

推奨される設置場所を正しく理解し、なるべく効率的に機能を生かせるよう心がけましょう。また無線LAN機器の接続や、そもそも何を準備すれば良いかわからないという方は、auひかりの「無線LANレンタルサービス」を利用してみるのも良いと思います。すでに多くの家庭で使われているサービスであり、安心して無線LANを楽しめると思います。

ネット回線を乗り換えるなら!

ネット回線でこんなお悩みがありませんか?
・いろいろなネット回線がありすぎてどこがいいか分からない。
・支払いがわかれていて面倒。
・ネット機器の扱いがよく分からない。
・ネットのスピードが遅い。

auひかりに乗り換えるチャンス!

お得な料金プランはもちろん、期間限定キャンペーンなど魅力満載!

詳しくコチラ >